アンチエイジング対策に上手く化粧品と食品を組み合わせたほうが良い?

アンチエイジング対策に上手く化粧品と食品を組み合わせたほうが良い?

アンチエイジング

年齢とともに出てくるしわやたるみ、シミといった肌老化。これらを何とかしようと様々なアンチエイジング化粧品を試している人も多いことでしょう。しかし、その効果が出ないで困ることも。

 

私は食品にも気を使っていてアンチエイジングの抗酸化作用のある食品を取り入れています。サプリはあまり愛用したくないけれど、パソコンをよく使用するのでブルーベリーのサプリだけ愛用しています。

 

あとはドリンクではモリンガと呼ばれている抗酸化作用の強いドリンクタイプのを愛用中です。あとコラーゲンドリンクも以前は飲んでいたけれど、味が良くないので、青汁と一緒に入っているのを飲んでいます。

 

野菜ジュースみたいな感覚で飲めるので良いですよね。あと子供用に牛乳を宅配してくれるのだけど、私がシワだらけなのでよく伊藤園の野菜ジュースをサービスでくれる時があるので飲んでいます。

 

化粧品は、しわ・アンチエイジング化粧品のビーグレンを使用しています。

 

このビーグレンは世界でも注目されている皮膚浸透テクノロジーの発明者ブライアン・ケラー博士の技術が使われています。皮膚浸透テクノロジーがなぜよいのかというと、しわやたるみを解消するためには、必要な美容成分をしっかりと肌の奥まで届けることが必要だからです。

▲アンチエイジング対策に上手く化粧品と食品を組み合わせたほうが良い? 上へ戻る
アンチエイジング対策に上手く化粧品と食品を組み合わせたほうが良い? page top