無添加シャンプーが頭皮にやさしい理由は?

無添加シャンプーが頭皮にやさしい理由は?

無添加シャンプー

添加物と聞いた時にマイナスなイメージを持つ場合が多く、特に食品に関しては原材料を細かくチェックする方も多いかと思われます。

 

また食品以外にも体に関係する製品には特段の注意が必要となり、化粧品や肌ケア製品などでも無添加を売りにした製品が数多くあるのですが、そうした中で無添加シャンプーの場合はどのような特徴や魅力があるのでしょうか。

 

まず一口に無添加といってもどのような添加物が配合されていないかが気になるところですが、シャンプーの場合は2001年までに表示が義務付けられた表示指定成分が含まれていないことを指しています。

 

この表示指定成分とは石油を原材料として合成された成分で、有害化学物質として体に害を及ぼす危険性が高い成分となります。特に産後には刺激が強いので、産後の抜け毛解消のために使用している育毛剤があるのであれば、無添加シャンプーをしようしていきましょう。

 

種類としてはおよそ100種類以上にも及び、アレルギー・接触刺激・皮膚毒素・発ガン性などをはじめとする皮膚障害を起こす恐れのある成分になるのですが、少量が配合されている分にはすぐに体に影響が出るわけではなく、必ずしも法律で使用が禁じられているわけではあります。

▲無添加シャンプーが頭皮にやさしい理由は? 上へ戻る
無添加シャンプーが頭皮にやさしい理由は? page top