発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロンの情報ページ

発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン

発毛抑制

ただ男性の身体を作り上げるために必須であるものの、ジヒドロテストステロンは髪の毛には悪影響を及ぼす作用を持っています。ジヒドロテストステロンがレセプターという受容体と結びついて細胞の核内に入ると、標的遺伝子と結合して毛乳頭細胞からTGF-β1というタンパク質が生成されます。

 

このタンパク質は、毛母細胞の分裂を抑制してしまったり、死滅させたりするアポトーシスという現象を引き起こすのです。

 

髪の毛が成長するためには毛母細胞の分裂が必要不可欠ですが、この働きが行われなくなるため、薄毛や抜け毛の症状が起こるのですね。

 

また、ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を過剰にするという働きも持っています。皮脂が過剰分泌されると、毛穴に詰まって細菌が繁殖して炎症が起こり、それが毛根組織にダメージを与えてしまいます。

 

このように、男性の身体を作り出すと同時に、薄毛や抜け毛など脱毛症の症状も引き起こすのがジヒドロテストステロンなのです。発毛抑制ホルモンが多く出ている時でも頭皮を清潔に保つことは大切なので頭皮に優しいシャンプーを使用していくようにしましょう。

サッカーの日本代表は年々進歩しています。そしてJリーグが出来てから、飛躍的に進歩しました。そして1998年のフランスワールドカップに初出場してから4大会連続でワ...

そういえば青汁って冬に飲む人もいるけど、どちらかというと夏に飲みたいドリンクだと思うんです。理由は簡単で陰の飲み物と言われていて体を冷やす飲み物なんですよね。よ...

ローズサプリというサプリをご存知の方もおられるのではないでしょうか。サプリや美容商品に詳しい方ならご存知の方もおられるかもしれませんよね。サプリメントというと健...

牡蠣フライは普段からあまり食べませんが、牡蠣には亜鉛が豊富に含まれているようです。亜鉛は色々なものに使用されるので、摂取量は食品だけだと難しい面もあるようです。...

▲発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン 上へ戻る

発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン page top