発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン

発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン

発毛抑制

ただ男性の身体を作り上げるために必須であるものの、ジヒドロテストステロンは髪の毛には悪影響を及ぼす作用を持っています。ジヒドロテストステロンがレセプターという受容体と結びついて細胞の核内に入ると、標的遺伝子と結合して毛乳頭細胞からTGF-β1というタンパク質が生成されます。

 

このタンパク質は、毛母細胞の分裂を抑制してしまったり、死滅させたりするアポトーシスという現象を引き起こすのです。

 

髪の毛が成長するためには毛母細胞の分裂が必要不可欠ですが、この働きが行われなくなるため、薄毛や抜け毛の症状が起こるのですね。

 

また、ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を過剰にするという働きも持っています。皮脂が過剰分泌されると、毛穴に詰まって細菌が繁殖して炎症が起こり、それが毛根組織にダメージを与えてしまいます。

 

このように、男性の身体を作り出すと同時に、薄毛や抜け毛など脱毛症の症状も引き起こすのがジヒドロテストステロンなのです。発毛抑制ホルモンが多く出ている時でも頭皮を清潔に保つことは大切なので頭皮に優しいシャンプーを使用していくようにしましょう。

▲発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン 上へ戻る
発毛抑制を引き起こすジヒドロテストステロン page top