実力派揃いのポルトガル代表サッカー

実力派揃いのポルトガル代表サッカー

実力派揃い

サッカー大国やら母国やら様々、色々な名称がつけられる。サッカーの特徴として、国民性を表すスポーツと言われる。その中で、私個人が日本代表以外で最も好き国のサッカーチームは、ポルトガル代表サッカーチーム。

 

特に好きなのはユーロ2000の頃。おなじみフィーゴ。ルイ・コスタ。他にもヌーノ・ゴメス、ジョアン・ピントなど、98年W杯を制圧したフランスをとことん苦しめたチーム。

 

なんとも言えず、創造性あるプレーが多く、楽しいサッカーを見せてくれる。

 

そんなチームだから脆さもあるのか、2002年W杯ではグループリーグで敗退した。その時はなぜかルイ・コスタをあまり使わなかった。

 

それが敗退の要因だったか分からないが、創造性あふれる楽しいサッカーは一切見られなかった。

 

その後も、クリロナ、デコ、ナニなど個性的で創造力のあるプレーヤーが出てきたが、主要大会では勝ちきれない。

 

楽しいサッカーと強いサッカーが混在できないポルトガル代表サッカーに魅力を感じている。

▲実力派揃いのポルトガル代表サッカー 上へ戻る
実力派揃いのポルトガル代表サッカー page top