皮脂欠乏症って常に肌が乾燥している状態?

皮脂欠乏症って常に肌が乾燥している状態?

皮脂欠乏症

肌が常に乾燥している場合には、乾燥肌というけれどドライスキンとも呼ばれたりしますよね。その中で皮脂欠乏症と呼ばれている症状がありますが、皮膚が乾燥するので乾皮症とも呼ばれています。

 

これは皮膚の表面上に本来であればある程度皮脂があるのですが、皮脂が少なくなってしまっているので肌が乾燥してしまっている状態になります。肌の表面が乾燥してしまうと砂漠みたいに水分がなくなると割れたりしますが、肌も同じで切れたり、皮膚の奥の水分量がなくなってしまいバリア機能が低下してしまって、かゆみが出やすい状態です。

 

また敏感肌になって刺激的につながりやすいというのがあります。皮脂欠乏症とかの場合でかゆみとかひどい場合などは、ストロイド薬などを使用する場合とかもあるので、普段からのスキンケアでは乾燥させすぎないようにしていくというのが大切です。

 

特に冬場では皮脂欠乏症の場合には、洗顔とか体を洗いすぎると機構も乾燥しているので肌がより乾燥しやすい状態なので、保湿成分が豊富な石鹸を使用したり、すすぐだけにしたりうまく対応してみてくださいね。

▲皮脂欠乏症って常に肌が乾燥している状態? 上へ戻る
皮脂欠乏症って常に肌が乾燥している状態? page top